薬剤師転職で病院で働くことになると夜勤が多くなるので注意しましょう

【薬剤師転職で病院に就職すると夜勤が多くなる】規模の大きい病院の薬剤師になると業務レベルが一段と高くなり、それだけ仕事量が多くなりますから、夜勤や当直などは当たり前になってきます。
まして薬剤師の数が少ない病院だと夜勤や当直の回数が多くなります。
もちろん夜勤が多ければ収入も増えるのですが、体調管理のことを考えると回数が多いのも考えものです。
したがって薬剤師転職で病院の薬剤師を目指す場合は夜勤の回数にはじゅうぶん注意を払う必要があります。
無理して夜勤を引き受けて身体を壊したりしたらもとも子もありません。
とは言え、日勤のみに比べて夜勤OKの薬剤師の場合には、転職に際しても選択肢が多くなりますから、収入面などで条件の良いところを選べて有利になることは間違いありません。
薬剤師の給料・年収の相場はいくらくらい?