保険と確定拠出年金の関係とは

前回の続きですが、また、掛け金の他もかかるお金があります。
ですから、「確定拠出年金」を検討される人は、ぜひ、知っておいていただきたいですね。
そう思います。
確定拠出年金を運営する上で、発生する事務費などがありまます。
また、手数料は加入者が負担となります。
連合会の事務を円滑に行うには、当然、その事務費が発生していますよね。
しかし、これは加入者が負担することになります。
加入者は、初回の掛け金から2,300円を手数料を控除します。
また、毎月の掛け金から100円を、運用指図者の場合、移換された資産内から2,300円を手数料として控除します。
その他にも、運営管理機関、事務委託先金融機関が必要とする手数料もあります。
これらの手数料は、まだ確定されていません。
また、公的な国民年金基金などと違い、年金額が事前に確定されていない事も注意しなければいけませんよ。
ですから、受け取る年金額については事前にいくらになるか確定していませんよね。
当然、運用した結果が悪ければ、その分もらえる年金も少なくなってくると言うことです。
ですから、選択する時は、よりよい運用商品を選ぶことですね。
また、確定拠出年金の掛け金については、途中で引き出すことは出来ません。
返金されるシステムはありません。
保険料は月にどのくらい払う?金額より内容!【注意点とは?】